包茎治療が必要な包茎とは

包茎治療をしようとしても、なかなか恥ずかしくてできるというものではありません。
包茎治療を考える前に、自分がどんなタイプの包茎なのか、それを知ることが大切です。

まず、仮性包茎というのがあります。
仮性包茎は、日本人に最も多いタイプの包茎、といわれています。
通常時には、ペニスは皮で覆われています。
しかし、手で皮を簡単にむくことができます。
勃起時には、自然と皮がむける人もいれば、自分で皮をむかなければならない人もいます。
こういった人たちに関しては、さほど真剣に包茎治療を考えなくてもいいでしょう。

次に、真性包茎というのがあります。
これは、皮とペニスが密着してしまっているため、平常時でもペニスを露出させることができないというものです。
亀頭部分の成長が妨げられてしまうので、鉛筆のような形状となってしまいます。
仮性包茎と比べると、真性包茎のほうが包茎治療の必要性はあります。

そして、カントン包茎というのもあります。
カントン包茎は、仮性と真性の中間のような状態です。
何とか皮をむくことができますが、無理に行おうとすると、皮が亀頭の根元を締め付けてしまい、元に戻らなくなる可能性があります。
こちらの場合にも、包茎治療を行なったほうがよさそうです。