泌尿器科で包茎治療を受けるメリット

包茎治療をするといって、真っ先に思い浮かぶのが、病院の泌尿器科ではないでしょうか。
では、病院の泌尿器科で包茎治療をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

それは何より、保険の適用となるということです。
ただし、どのような包茎か、その種類によって、包茎治療であっても適用になる場合と適用にならない場合があります。
適用になるのは、原則として真性包茎の場合のみです。
それ以外の場合、適用とはならないのが原則ですが、中にはそれ以外の包茎でも、保険の適用となっている場合もあるようです。

ちなみに、保険が適用されると、どのくらいの治療費になるのでしょうか。
通常、専門のクリニックで手術を受ける場合には、100000円から300000円かかるといわれています。
これは、もちろん保険の適用とはなっていません。
一方、病院の泌尿器科で包茎治療を行なうとなりますと、20000円から50000円で行うことが出来ます。
これはもちろん、適応後の値段となります。
これだけ低料金であれば、あまり手術費用がまかなえない、という人でも包茎治療が行いやすくなります。
男性にとっても、コンプレックスが解消されてとてもいいことです。